フィットライフコーヒーはダイエット中におすすめなのは2つの成分にあった

フィットライフコーヒーはダイエット中におすすめなのでしょうか?

結論からいいますとダイエット中におすすめです。

フィットライフコーヒーがダイエット中におすすめな理由

まずはフィットライフコーヒーの成分を見ていきます。

詳しく知りたいなら、フィットライフコーヒーは2つの成分が血糖値上昇を穏やかにするカギだったを参考にして下さい。

フィットライフコーヒーの主成分は次の2つです。

  • 難消化デキストリン
  • 食物繊維

それぞれ2つの成分の特徴を見ていきます。

成分 特徴
難消化デキストリン 血糖値上昇を穏やかにする
食物繊維 便秘改善

難消化デキストリンは血糖値上昇を穏やかにする

難消化デキストリンは血糖値上昇を穏やかにするための成分です。

フィットライフコーヒーの血糖値上昇を穏やかにするカギは「難消化デキストリン」です。

では、血糖値上昇を穏やかにすることがダイエットとどういった関係があるのでしょうか?

まずは食後の血糖値が上昇するとどういったことが起きるかみていきましょう。

  1. インスリンが大量に分泌される
  2. 糖を脂肪に蓄積する

インスリンは血糖値が急激に上昇すると、動脈硬化(血管が狭く硬くなる)を防ぐために、摂取した栄養(糖や炭水化物)優先してエネルギーに変えます。

そして、エネルギーに変えられなかった分は、脂肪として蓄積されていきます。

ということはインスリンの大量分泌は食べた物が脂肪に蓄積されやすくなるということなんです。

インスリンの大量分泌を防ぐには、血糖値の上昇をおだやかにするしかありません。

ご存知の通り、フィットライフコーヒーは血糖値上昇をおだやかにするコーヒーです。

フィットライフコーヒーを飲むことで、インスリンの過剰分泌を防ぎ脂肪蓄積をおさえることが期待できます。

食物繊維が便秘改善につながる

フィットライフコーヒーは難消化デキストリン以外にも食物繊維も大量(6.7g)に含まれています。

レタスなら2個分、トマトなら4.2個分、ナスは3個分、キュウリ6本分、玄米4杯分です。

フィットライフコーヒーの食物繊維

では便秘改善がなぜダイエットによいのでしょうか?

  1. 腸内環境がよくなる
  2. 肝臓への負担が減り代謝アップ

人間の体は代謝によってエネルギーに変えていますが、その代謝を担っているのが肝臓です。

便秘で腸内環境が悪くなると肝臓への負担が増え、代謝も悪くなります。

フィットライフコーヒーには食物繊維が6.7gも含まれていますので、お通じがよくなるのも期待できます。

お通じが改善→腸内環境がよくなる→肝臓への負担が減る→代謝がアップが期待できる。

ほうれん草1束で約2.8gの食物繊維が含まれています。
管理人はほうれん草を2束分くらい食べただけですごく快便になります。
フィットライフコーヒーはほうれん草2束分以上の食物繊維が含まれています。

20代~40代の女性でお通じ頻度が最も多いのは3日に1回でした。

参考サイト:https://www.taisho.co.jp/company/release/2003/03_0623-j.pdf

あなたの体重がなかなか減らないのは、お通じが関係しているかもしれませんね。

フィットライフコーヒーがダイエットにおすすめな2つの成分のまとめ

フィットライフコーヒーは2つの主成分によってダイエットに期待できることがわかりましたので、以下にまとめます。

繰り返しになりますが、フィットライフコーヒーの主成分と特徴は次の通りです。

成分 特徴
難消化デキストリン 血糖値上昇を穏やかにする
食物繊維 便秘改善

ダイエットが期待できる難消化デキストリンの効果

難消化デキストリンは血糖値上昇を穏やかにするので、インスリンの分泌が減り、食後の炭水化物や糖が脂肪へ蓄積される量が減る。

ダイエットが期待できる食物繊維の効果

フィットライフコーヒーは食物繊維が多く含まれているので、便秘改善が期待できます。

便秘が改善されると腸内環境がよくなり、代謝の機能を担っている肝臓への負担が減り、代謝アップが期待できます。

まとめ

フィットライフコーヒーは血糖値上昇をおだやかにするだけでなくダイエット中にもおすすめなことがわかりました。

また、食物繊維によって便秘改善も期待できることができます。

健康を考えている人でコーヒーが欠かせない人には、最良のコーヒーということも言えると思います。