フィットライフコーヒーは2つの成分が血糖値上昇を穏やかにするカギだった

フィットライフコーヒーの成分はどのようなものが入っているのでしょうか?

1包あたりの成分分析表は下図の通りです。

<フィットライフコーヒーの成分表(1包8.5gあたり)>

成分 含有量
難消化性デキストリン 6.4g
食物繊維 6.8g
たんぱく質 0.2g
糖質 0.8g
食塩相当量 0.001mg

 

この中でも含有量が多いのが、

  • 難消化性デキストリン
  • 食物繊維

この2つの成分がフィットライフコーヒーの主成分のようです。

ではそれぞれ見ていきましょう。

フィットライフコーヒーの成分(難消化性デキストリン)

難消化性デキストリンの「デキストリン」というのはデンブン仲間。消化しにくくしたものが「難消化性デキストリン」で、人工的に作られた成分です。

日本人の食生活が欧米化したことで、食物繊維が重視されるようになり開発された成分。

難消化性デキストリンに含まれている食物繊維の力で糖の吸収を穏やかにしてくれるという仕組みです。

 

フィットライフコーヒーの公式サイトにも糖の吸収を穏やかにしているグラフがありますが、他大手製薬会社にも同様のグラフがありました。

難消化デキストリンの実験

画像参照:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/dextrin/

 

難消化デキストリンは、日本人の食生活が欧米化する中で、食物繊維不足を補うために開発されたという理由から本気の成分というのがわかりますね。

フィットライフコーヒーはその「難消化デキストリン」が含まれたコーヒーです。

フィットライフコーヒーの成分(食物繊維)

フィットライフコーヒーには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維には次の2種類があります。

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維

不溶性食物繊維は腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしますので、便秘改善の効果が期待できます。

フィットライフコーヒーに含まれている成分の「難消化デキストリン」は水溶性食物繊維であり、糖の吸収を穏やかにしてくれます。

また、水溶性食物繊維は腸の中をゆっくり移動するので、おなかがすきにくいという特徴もあるようです。

 

フィットライフコーヒーには食物繊維が6.7g含まれており、レタスに換算すると2個分にもなります。

フィットライフコーヒー一杯だけで、かなりの食物繊維も摂取できるという事が言えますね。

そんなフィットライフコーヒーを安く買いたいなら、フィットライフコーヒーの最安値情報が便利です。

フィットライフコーヒーの成分まとめ

フィットライフコーヒーの成分を詳しく調べてみることで次の2点がわかりました。

  • 難消化デキストリンは本気の成分
  • 食物繊維がたっぷり

フィットライフコーヒーに含まれている成分の「難消化デキストリン」は、もともと日本人の食生活が欧米化するなか食物繊維不足が問題視されたのがきっかけで作られた本気の成分です。

「難消化デキストリン」は糖の吸収をおだやかにするため、急激の血糖値上昇をおさえてくれます。

また、フィットライフコーヒーには食物繊維も大量に含まれており、レタスに換算すると2個分となります。

 

フィットライフコーヒーは糖の吸収を穏やかにすることが一番の目的です。

今回、成分を分析したことで食物繊維も多く含まれていることがわかりました。

日ごろの食物繊維不足を補うためにも目的でも、フィットライフコーヒーは期待できるということが言えます。