• トップページ
  • ホームヘルパー2級の資格について
  • ホームヘルパー2級の資格取得方法について
  • ホームヘルパー講座の受講料っていくら?
  • ホームヘルパーの通信講座について

ホームヘルパーの正式名称ってなに?

世間では「ホームヘルパー」と呼ばれている資格は、「訪問介護員」という日本語名称が使用されています。厚生労働省のアナウンスする資料でも「訪問介護員」という用語が使われていたり「ホームヘルパー」という用語が使われていたり、「ヘルパー」と略称が使われていたり様々です。

では、正式名称は、どれになるのでしょうか。

そこで、ホームヘルパーのことについて定められている法令を見てみたいと思います。

「介護保険法施行令」の、「第一章 総則」の、「(法第七条第六項の政令で定める者)第三条」では、
「都道府県知事の行う訪問介護員養成研修または都道府県知事が指定する訪問介護員養成研修事業者を修了した旨の証明書の交付を受けた者」を文中で「訪問介護員」と記述しています。

ということは、「訪問介護員」が正式名称ということでしょうか?

実際のところ、ホームヘルパーは受験して取得する資格ではなく、定められた時間数の研修過程(講座)を修了した者であることをもって資格とされるものです。終了証にも、該当研修を修了した旨記述してあるだけで、「あなたを●●に認定します」的な書き方はしていません。ですから、ホームヘルパー資格者を呼ぶ時には、「訪問介護員養成研修修了者」と呼ぶのが正しそうです。2級なら「訪問介護員2級養成研修修了者」、1級なら「訪問介護員1級養成研修修了者」となるわけです。

さて、介護保険制度下でのホームヘルパーの他に、障害者の支援費制度下でのホームヘルパーのお仕事もあります。どちらもいわゆるホームヘルパー資格があれば出来る仕事なのですが、こちらの方は「居住介護従業者」と言います。法令が変われば呼び名も変わるという一例ですね。

一般に「ホームヘルパー」という通称が定着しているのは、このような法令の扱いによる名称の違いがややこしいからかも知れません。


実績のある講座でホームヘルパーの技術を学びたい方へ

90万人の修了生を輩出した実績のあるホームヘルパー講座

ニチイ学館のホームヘルパー講座

ニチイ学館は、平成8年の講座開講以来、 90万人の修了生を輩出している実績のあるホームヘルパーの専門校です。

現役のヘルパーが講師として、わかりやすい説明と丁寧な講義であなたを介護のプロに育て上げてくれます。

介護サービス最大手の ニチイ学館 は、介護拠点アイリスケ アセンターを運営しており、受講生の就業もサポートしてくれます。

アイリスケアセンターは、全国に900ヶ所あるため、現在も多くの修了生が ホームヘルパーとして、全国各地で活躍しています。

研修制度が充実しているため、経験のない方も安心して働けます!

また、ニチイ学館はサポートも充実しており、下記のような制度が設けられています。

「無料復習制度」・・・実技スクーリングをもう一度体験できる制度
「無料延長制度」・・・4ヵ月で修了できない場合、受講期間を4ヵ月まで延長できる制度
「無料介護相談」・・・家族介護の相談などが無料でできる

学びの場と、職場をサポートしてくれる、ニチイ学館のホームヘルパー講座をもっと詳しく知りたい方は、無料の資料でしっかりチェックしてみてください。

>> ニチイ学館の詳しい資料はこちらをクリック

ホームヘルパーの講座
ホームヘルパーの基礎知識
仕事の内容
資格について
養成研修【その1:講義】
養成研修【その2:演習】
養成研修【その3:実習】
よくある疑問にお答えします